HOME > 協立NEWS > 2017年 > NEWS詳細

2017年4月14日

4月16日清水駅前にて「第2回春のミニロボ祭り」が開催されます

静岡市内のものづくり企業4社がつくるミニロボ有限責任事業組合(静岡市)は16日、清水駅前銀座商店街で「第2回春のミニロボ祭り」を開催する。ミニロボとは高さ12センチほどの組み立て式ロボットで、卓球台ほどのフィールドでサッカーをするなどして遊ぶ。
 清水駅前銀座の活性化を狙って昨年初開催。目標の来場者数1000人を大幅に上回る3300人が参加した。前回10ブースだったのを今回は17ブースに増やす。メーンとなる「シングルマッチ最強王者決定戦」のほか、タイムトライアル、障害物競走、操作体験などのイベントを用意する。
 同組合は子供の理科離れ、ものづくり離れを防ごうと、アイエイアイ、協立電機、東海溶材、SUSの4社が共同出資し2013年に設立した。

−2017年4月11日付 日本経済新聞より−



2017年一覧へ戻る ↑ページの先頭へ