HOME > 投資家情報 > 日本版ESOP「株式給付信託(社員持株会処分型)」の導入

株式給付信託の導入

日本版ESOP「株式給付信託(社員持株会処分型)」の導入

平成24年1月16日

当社の企業価値の向上、社員の福利厚生、株価意識のよりいっそうの向上を目的に、協立電機社員持株会に対して株式を供給すること及び信託財産の管理により得た収益を社員へ分配するため「株式給付信託(社員持株会処分型)」=日本版ESOP(Employee Stock Ownership Plan)の導入を決議。

平成24年2月15日

上記ESOP導入について詳細を決議。条件は以下のとおり。

1、 信託規模
     79,600株
     110,007,200円
2、 株式の確保
     当社の現在所有する自己株式のうち、上記株式を信託口へ一括して処分する。
3、 信託設定日
     平成24年3月7日予定
4、 再信託受託者
     資産管理サービス信託銀行株式会社

採用情報
ISO9001

登録範囲:
検査及び測定機器の修理及びサービス
(適用除外:8.3 設計・開発)

    ISO9001
    Q1883
    ・CE本部
    ・静岡サービスセンター
    ・富士サービスセンター

ISO9001

登録範囲:
プロセスオートメーション・ファクトリーオートメーション用システムソフトウェアの設計・製作及び保守

    ISO9001
    Q2150
    ・第一エンジニアリング本部
    ・浜松支店


 ISO14001
    ISO14001
    ・静岡本部
    ・R&Dセンター

協立電機 株式会社

〒422-8686
静岡県静岡市駿河区
中田本町61-1
TEL 054-288-8888

協立NEWS