HOME > 協立電機では > UML

協立電機(株)

協立グループでは、その製作するソフトウェアの品質向上並びにその維持と、生産性向上のためUML技術の取得を積極的に行っています。  このUML技術とは、Unified Modeling Languageの略語であり、いわゆるプログラミング言語ではありません。  むしろ、システムの本質である「システム設計図の統一表記方法」あるいは「仕様書の統一的な書き方」といったものです。ちなみに、このUMLは、国際認証機関であるOMG(Object Management Group)が認定試験をしています。 その有資格者が当グループには7人(平成19年末現在)います。中でも日本には200人くらいしかいないといわれている、UML技術の最高峰であるアドバンストの資格を有している者が2人います。

採用情報
ISO9001

登録範囲:
検査及び測定機器の修理及びサービス
(適用除外:7.3 設計・開発)

    ISO9001
    Q1883
    ・CE本部
    ・静岡サービスセンター
    ・富士サービスセンター
ISO9001

登録範囲:
プロセスオートメーション・ファクトリーオートメーション用システムソフトウェアの設計・製作及びその他保守

    ISO9001
    Q2150
    ・第一エンジニアリング本部
    ・袋井事業所
    ・福岡営業所

 ISO14001
    ISO14001
    ・静岡本部
    ・R&Dセンター

協立電機 株式会社

〒422-8686
静岡県静岡市駿河区
中田本町61-1
TEL 054-288-8888

協立NEWS